中学受験の教材

はじめての中学受験

中学受験は突然はじまりました。

息子が受験をしたいと突然言い出したのでした。
友達が受験をするらしく、「ぼくも同じ学校に行きたい」と言い出したのでした。

最初は中学受験なんて全く考えておりませんでしたし、息子は勉強がまったくできなかった(しなかっただけ?)のです。どちらかというと、学校の宿題も私が言わないと絶対にしないですし、そんな息子が勉強なんてできるわけがないと軽く流しておりました。

しかし、主人に相談したところ、本人がやりたいというのであれば、やらせてあげればいいだろうの一言。

そんな軽く決めるなと突っ込みたかったですが、本人がやると決めたのであれば、やらせてあげることに。

ですが、息子は勉強ができないわけで、今のまま受験したとしても落ちることは確実でした。

そこで、塾に通わせることにしました。塾といっても集団で教えてもらえる塾にいってもついていけなくなるだろうということで、マンツーマンで学べる個別指導塾をに通うことにしました。個別指導塾では先生とのマンツーマン指導ということもあり、息子も勉強からは逃げられない状況になりました。

先生との相性が良かったのか、勉強嫌いだった息子がとりあえずは先生の話だけは聞くようになりました。

しかし、先生も大変だったと思います。

特に、息子の場合は、もともと勉強を進んでやる方ではなかったので、まずは勉強をさせることから始めていただきました。

正直、ここまでしていただけるんだ、というのが本音でした。
ただ、先生からは、勉強を教えるのは簡単ですが、本人がやる気にならない限り何をやっても意味がないということで、本人のモチベートに時間をかけさせてくれとのことでした。

そのモチベートは母親である私も実践するようにと言われました。

そのモチベートもあって息子は自ら進んでとまでは行きませんでしたが、言われたことはきちんとするようになりました。

結果的に息子は中学受験に合格しましたが、息子だけの努力だけではなく周りの人達にも助けてもらいながら中学受験に合格した結果となりました。

塾の先生と息子から学んだことは、中学受験は親子でするものだということです。

塾に任せていればいいと考えていましたし、実際に親はすることがないと考えていましたが、やはり親のサポートは必要不可欠だということがわかりました。

我が家の中学受験が皆さまのお役に立つかどうかわかりませんが、息子の中学受験を通じで学んだこと、また、塾の先生に教えて頂いたことを綴っていきたいと考えております。

少しでも皆さんの中学受験のお役に立てれば光栄です。
参考サイト